スタッフブログ

サービススタッフ

スタッドレスタイヤのはなし

[2019/11/14]

スタッフ:
サービススタッフ
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつも当ブログをごらんいただきありがとうございます。

一気に冷え込んできて冬もそこの角を曲がってきたかな?なんて思うこの頃ですが、
そうなるとそろそろスタッドレスタイヤの季節も近づいてまいりますね。

タイヤの性能をしっかり引き出すためにも履き替えるまえに簡単に点検することをおすすめします!!


タイヤ側面(サイドウォール部)に黄色で囲ったように4桁の数字が刻印されています。
これは製造時期を示すもので週/年で表記されます。
この場合だと、08年の31週、つまり2008年の7月末ごろの製造となります。
ふるいですね~

概ね5~6年位経っているとゴムも劣化して固くなったりして性能が低下したりしてくるので買い替えをおすすめします。

青で囲ったサイドウォール部ホイール側寄りの矢印はプラットホームの目印で
スタッドレスとしての性能を発揮できる残溝が確認できます
矢印からトレッド面まで辿るとイァノスグリーンで囲ったようにプラットホームがあります

写真のように接地面まで出てきていればスタッドレスタイヤとしての天寿を全うしてると言えましょう。

スタッドレスタイヤとしての天寿を全うしても赤で囲ったスリップサインが出るまでは通常のタイヤとして使用することはできます。
溝があってもこのようにひび割れがある場合はバーストなどのおそれがあるのでなるべく使用をひかえてください。


12月に入って雪が降り出すとタイヤ交換は大変混雑します。

早めのご予約をおすすめします!!

早い方だと10月に交換される方もいらしゃいますね~

サービススタッフ

モノグラムをさがせ!

[2019/10/10]

スタッフ:
サービススタッフ
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

よくファッションブランドなんかではそのブランドの名前を組み合わせたモノグラムを模様にすることがありますが
DSもロゴのDとSを組み合わせたモノグラムを採用しており、過去の特別仕様車には屋根全体にモノグラムをあしらったアバンギャルドなものもありました。

通常のモデルにもいたる所にこのモノグラムをモチーフにしたデザインが施されているのでその一部を見ていきましょう。
最初はDS3。

ヘッドライトのインナー部分にモノグラムが印刷されています。
色を変えてあったり文字が印刷されている例はよくあるかと思いますが、
模様が印刷されているのは珍しいのではないでしょうか。
続いてDS7クロスバック。

はっきりとしたモノグラムの模様はありませんが、
写真のフロントグリルをはじめ、ライトや室内のいたる所にモノグラムのくの字をイメージさせた意匠が施されています。
さりげない主張ですね。
そしてDS3クロスバックは

こちらも目立ってモノグラムを押し出しているわけではないですがデザインの中にモノグラムを取り入れています。
インストゥルメントパネルの操作スイッチや吹出し口をひし形にしてあります。
どうです?DSのロゴが浮かびますよね。
他にもシート表皮のステッチなどいたる所にひし形の意匠が施されています。

ぜひショールームで「隠れDS」を探してみてはいかがでしょうか。

サービススタッフ

ホイールのなまえ

[2019/09/12]

スタッフ:
サービススタッフ
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!

今回は少しマニアックなお話です。
DSオートモビルスをはじめPSAグループの車に装着されているアルミホイール(とホイールキャップ)にはほとんど全てに名前が付けられています。

その一部をご紹介しましょう!

上の写真は当店のショールームにディスプレイとして壁に掛けられているホイール達です。
おしゃれですねw

真ん中を除いて全てDS3用ですね。

右から17インチトーマスホイール、16インチブリニスホイール、
真ん中が今はなきDS4の17インチキャンベラホイール
その次が最初と同じトーマスホイールの白塗装版、そして最後は16インチレイダイアモンドホイールとなっております。
続いて展示車のホイールに移ります。
まずは先日発売になったDS3クロスバック。

こちらはGrand Chicグレードになるので
ホイールは18インチのサンパウロホイールが装着されています。

スポーク部に模様が彫り込まれていたりかなり凝ったデザインになっております。
おしゃれは足元から、ですね!
そして最後はDSオートモビルスの頂点、フラッグシップモデルのDS7クロスバックです!

展示車はGrand ChicのRivoli内装なので20インチのTokyoホイールが組み合わさります。
そうです、あの東京ですw

ちなみに、先述のDS3クロスバックのSo ChicグレードにはNagoyaというホイールが装着されます。

このホイールに付けられた名前はカタログにも記載されてるので
カタログ片手に「このホイールは東京だ…」なんて探してみるのも楽しいかもしれませんね!

サービススタッフ

重要なパーツです

[2019/09/05]

スタッフ:
サービススタッフ
カテゴリー:
メンテナンスTips
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は写真の網部の機能を紹介します。

写真はDS7とDS3CROSSBACKのラゲッジルーム内です。
見た目はエアコンの吹き出し口の様ですがその奥はリアバンパーの裏側にあり、外と通じています。

その役割は車室内の気圧を一定にするためにあります。
例えばドアを閉めた時に車室内の気圧は上昇しますが網部からすぐに空気が抜けることにより気圧は下がります。
これにより耳がキーンとなるような耳詰りを防止しています。

また、事故時のエアバッグ作動時にも機能します。
エアバッグは膨らむと容量が大きいため、場合によっては鼓膜が破れる可能性もあるのですがこれも防ぐための重要な役割もあります。

なにげない部品にも必ず役目があります。
もし疑問なことがあればお気軽に聞いて下さいね。


武井 由紀

CHECK UP CAMPAIGN

[2019/08/22]

スタッフ:
武井 由紀
カテゴリー:
メンテナンスTips
フェアなし
 ☆部品代金15%off☆

工賃は別途かかりますので詳しくはスタッフへお尋ねください☆